乾燥肌の対策の基本は保湿!うるおいを与えて肌トラブルは回避

乾燥肌の対策の基本は保湿です。水分量が不足するとカサカサしてきます。肌が乾燥しやすい時期は速やかに保湿をしてください。乾燥しがちなお肌におすすめのスキンケアの選び方を知っておきましょう。

*

保湿クリームや美容液で乾燥肌対策

   

病院でも処方される保湿クリームで乾燥肌対策をしたい

肌が乾燥してしまうと、新陳代謝がうまくできないので、シミやくすみなどが改善できにくくなります。代謝が働かないと新しい皮膚に生まれ変わることができないからです。そこで乾燥肌を改善するときには、ヒルドイドのような保湿クリームを利用することをおすすめします。

表面だけでなく真皮にまで潤いを与えるので、代謝を促すことが期待できます。ヒルドイドは個人輸入をすることもできますが、病院で処方してもらうことも可能です。処方薬は市販で購入するよりも安いですし、肌の状態を診察してもらってから処方してもらえるので安心です。

また保湿クリームが肌に合わないと感じたときも、医師に相談することですぐに対処をしてもらうことができます。乾燥したままの状態が続いてしまうと、くすみだけでなくシワの原因になってしまい、年齢よりも老けて見えることがあります。

しっかり自分に合ったクリームで保湿を与えるようにすることが大事だといえるでしょう。

美容液で乾燥肌対策をしたい

乾燥肌対策をしたいときは、保湿クリームだけでなく美容液を使うと効果的です。水溶性と油溶性の保湿成分が含まれているので、表皮の角質層に存在する水分量と皮脂量を補う役目を持っているからです。

美容液が病院などで処方してもらうことはできませんから、市販品を使うことをおすすめします。多くのメーカーから発売されていますから、自分の肌に合ったものを選ぶことが大事です。

ただ乾燥肌になっている場合、肌が敏感になっていることが考えられるので、刺激の少ないものを選ぶことをおすすめします。選び方としては、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が多く含まれているものを選ぶとよいでしょう。

保湿成分が含まれていることによって、肌に直接働きかけることができますから、乾燥肌を改善することが期待できます。一度だけ使用するのではなく、継続的に使用することで少しずつ肌の細胞が水分と皮脂量を補っていき、代謝をうまく働かせるようになります。