乾燥肌の対策の基本は保湿!うるおいを与えて肌トラブルは回避

乾燥肌の対策の基本は保湿です。水分量が不足するとカサカサしてきます。肌が乾燥しやすい時期は速やかに保湿をしてください。乾燥しがちなお肌におすすめのスキンケアの選び方を知っておきましょう。

*

毎日のスキンケアで乾燥肌対策

   

洗顔料で乾燥肌対策をしたい

洗顔は毎日行っているという方も多いのではないでしょうか。洗顔は顔に付着した汚れや余分な皮脂をきれいに落とし、肌を清潔にする効果があるので、毎日丁寧に行うことで美肌を維持することができますが、誤った方法で洗顔を行っていると乾燥肌の原因になることがあるので注意が必要です。

洗浄力が強い洗顔料を使用していると、肌に必要な潤い成分まで洗い流してしまうことがあるので、おすすめは、適度な洗浄力で潤い成分が配合されている洗顔料です。

最近は肌に優しい成分が配合された市販の商品も多く出ているので、自分の肌に合うものを選んで使用しましょう。洗顔を行うときに肌をごしごしと擦りながら洗うという方も多いのではないでしょうか。

ごしごし洗うと摩擦で肌を傷めてしまうことがあるので、洗顔するときは泡をしっかり立てて汚れを泡に吸着させるようにして優しく洗わなければいけません。タオルで拭き取るときも擦らず水分をタオルに吸収させるような感じで優しく行いましょう。

入浴剤で乾燥肌対策をしたい

バスタイムは体が温まり、血行が良くなるのでスキンケアに最適です。乾燥が気になる人は、入浴剤で乾燥対策を行うことができます。最近はさまざまなタイプの商品が出てきますが、乾燥肌が気になるときは、高い保湿効果が期待できる商品がおすすめです。

高い保湿効果が期待できる入浴剤には、セラミドやヒアルロン酸、スクワランなどの成分が配合されているので、選ぶときはこれらの成分が配合されている商品を選ぶとよいでしょう。

また、血行促進も乾燥肌の改善に良いので、硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムなどが配合されている市販の商品もおすすめです。熱いお湯に長く浸かっていると、保湿に必要な皮脂が溶けてしまい乾燥を招くことがあるので注意が必要です。

入浴は、適度なお湯の温度、適度な時間が大切です。お風呂あがりは水分が蒸発しやすい状態になっているので、入浴後も保湿作用があるボディクリームなどで肌に潤いを与えることも心掛けておくと良いでしょう。